スポンサーサイト

  • 2019.08.31 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ピクニック

    • 2019.08.31 Saturday
    • 14:26

    お盆も終わりにさしかかったある日、

    ピクニックに行った。

     

    どこへ? って、兵庫県のまんなかあたりの墓地へ。

    去年、早々と逝った短大の同級生、鵜野いづみちゃんが眠っているとこ。

    同行者は、同じく同級生のアサコさん。

     

    あたしは東京から、アサコさんは京都から。

    着いたらちょうどお昼どきだし、

    その時間にご実家を訪ねるのは気がひける。

    「お弁当買って行って、墓地でお昼食べない?」と前日LINEに書くと、

    アサコさん、「素晴らしい!」って、いいノリ。

     

    で、姫路駅前のデパ地下で豪華なお弁当をゲット。

    去年四十九日に一度行ったときの記憶のみ元に、迷いまくって、ようやく緑の田んぼに囲まれた墓地に着いて、

    「ほんまにもう。いくらなんでも早すぎるやろ。あほ」とかなんとか

    いづみちゃんに言いまくって、薄ムラサキのお花を供え、

    さあ、お弁当開けよう、とすると、

    「シート持ってきたよ」とアサコさん。

     

    マジ? 素晴らしい。

    マゴ2人と日常を共にしているアサコさん、もしやキティちゃんとかのシート? 

    いやいや、「いづみちゃん、そういうのイヤがるでしょ」とばかり、

    ちゃんとオトナな、シンプルなブルーシートだった。

     

    4隅に石を置いて、飛ばないようにして、炎天下のマジ、ピクニック。

     

    「京都時代、モテモテやったよなあ」

    「姫路に戻ってからも、やで」

    「バイク、乗ってたよね」

    「そうそう、250cc」

    とかとか、アサコさんといづみちゃん話の合間合間に、

    「ほんまにアホ。早すぎる。アホ」と墓石に向かって吠えて。

     

    クルマ(姫路からレンタカー)だったので、ビール飲めなかったのがちょっと残念だけど、

    シートの上でたっぷりの時間、暑かったけど、デザートまでパクリ。

     

    午後になって、ご実家を訪ねると、

    お母様と気さくな義姉さんがいらして、あれやこれや。

    仏間の壁の、いづみちゃんのニコッと微笑む写真に「よお!」

     

    いい1日となった・・のだが、

    昨日の朝日新聞の読者投稿欄に、「お墓参りは楽しいものですよ」との見出し。

    鹿児島県の78歳の女性が、

     

    〈太平洋を望む高台の墓はまさに天国。

    親族一同が集い、白い砂を敷きつめた墓の前で、

    たくさんの料理を詰めたお重を広げた。

    厚く焼いた卵焼き、豚の甘露煮、海や山の幸・・〉

     

    と、幼い頃の思い出を書いてらして、

    シンパシーを感じたのだった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「おくさま、今日は立秋ですってよ」

    • 2019.08.09 Friday
    • 00:32

    「おくさま、今日は立秋ですってよ」

     

    うちから30秒のバス停で、14時39分のバスを待っていて、そう声をかけられた。

    「立秋」に驚く前に、えええええ、とのけぞった「おくさま」発言。

    「いえ、私は『おくさま』じゃありません」と抗議する元気を持ち合わせていない、

    というか、そういう荒だて抗議がむなしいことを、学習してきて幾年月ぞ。

     

    なので、「えっ、そうなんですか。この暑さ、立秋だなんて、ぜんぜんピンときませんね」

    と返して終わりにしようとしたが、テキは、

    「おくさまのお帽子、日除けが大きくてよろしゅうございますわね。あたくしは今日は失敗いたしましたわ」

    とかぶせてくるじゃない。

     

    テキは、とりあえず頭に載せときました、みたいな大きさの、

    そう、皇室の女が被ってるような帽子を着用。

    あと、白いタイトスカートに黒いレースのオーバーブラウス。胸元に3連のダイヤモンド。

    その、ご丁寧な言葉遣いも、この平民の町でバスを待つのと合わない。ヘンすぎる。服はよう分からん。

     

    「いえいえ」

    何がいえいいえなんだよ、と自分突っ込みしながら、そう答えてお茶を濁したことも、自分的に気持ち悪く、

    それに輪をかけるように、

    バスが到着して「先に乗ってください」とジェスチャーで促したとき「ごめんあそばせ」言語だったことも、

     

    バス5分+JR乗り入れ地下鉄30分のうちの、前半は、気持ち悪くて仕方なかった。

     

    でも、だんだん、気持ち悪さ遠のいていく。

    取材先では、というか仕事中はそんなこと綺麗さっぱり忘れてる。

    でも、夕方、気のおけないクライアントさん2人とゴハン食べて飲んで、

    そうそう話題にしてやろうとちらと思い出したが、

     

    昨日の政治家とフリーアナウンサーの婚約話を皮切りに、

    表現の不自由展のこのたびのこと、内輪的な表現と構造のことへと話が進むうちに、

    「おくさま」のこと言うタイミングを失う、というか、まあ地球規模で言うと1ミリに満たない話だなと。

     

    でも、帰宅して、さあ今日は何あったんだっけ、と考えると、

    そうだそうだと。

    「おくさま」なんでやねん。と、ここに記しておくことにした。

     

     

     

     

    朝顔

    • 2019.08.07 Wednesday
    • 12:25

    7月の20日頃から、ベランダで朝顔が咲き出した。

    初日2つ。翌日3つ。さらにその翌日から10前後。なぜか全部えんじ色。

     

    朝顔5個(という数え方でいいのかな)植えているから。

    どんどん上に伸びて、ベランダの天井直下まで行っていて、

    そこから平行してベランダを覆うように伝ってねと紐をつなげた。

     

    で、毎朝(といっても、全然早くない朝だけど)起きて、ベランダへ直行。

    よしよし今日も。と悦に入っていっていた。

    朝顔につるべとられてもらい水(加賀八千代)。じゃないけど、

    洗濯物を干すスペースの半滅もにこにこ、だった。

     

    ところが、8月の声を聞く頃から、ぱったりと咲かなくなった。

    どうしたの。

    たっぷり水をやり、明日は咲いてね、と声をかける。

    その声が通じたか、1つだけ咲いた日もあったが、ほぼダメ。。。

     

    3日前の夕方。台東区のとある住宅密集地を歩いていると、

    クレープ(っていうのかな)の下着のシャツとステテコのおじさんが、

    その方の家の前の樹木に巻きつく朝顔に水をやっている光景があった。

    樹木の横に、植木鉢。朝顔のつるが、そこから樹木周りに伸び、

    巻きついていたのだ。

     

    「伸びてますね」と声をかけると、

    ステテコのおじさんはにこっとして「植木と朝顔のコラボね」。

    ステテコによる「コラボ」単語に、ほ〜。

    「朝顔はね、上に伸ばしてやんないと咲かないからね、(樹木に)協力してもらってるの」

    「協力」だなんて素敵な言葉にも、ほ〜、だけど、

    「えっ、上に伸ばしてやんないと咲かないんですか」と、あたし反復質問。

    「そうだよ、昔から。不思議だね」

     

    あっ。ぴたりと一致する。うちの朝顔が咲かなくなったのは、

    つるが天井直下まで行って、平行に引っ張った紐に伝うようになってからだ。

     

    よ〜しと、

    ベランダの外側の樹木(すみません、共用部の、ですが)に「協力」してもらって、

    上に伸びる形に紐の方向を変えてみた。

    すると、咲き出したじゃない、またまた。昨日は3つ、今日は7つ。

    でかしたぞ、朝顔。

    ステテコの「コラボ」おじさん、ありがとう。

     

    ふと、おじさんの言う「昔から」の昔は、いつなんだろうと。

    40年か50年か60年か。いやもしかしたら、親御さんから引き継いだのかもしれない。

    な〜んて思ったりもする青い空。

     

     

     

     

     

     

    再開のお知らせ

    • 2019.08.06 Tuesday
    • 00:09

    ライターの井上理津子です。

     

    ちょくちょく書いてきた「はてな」のブログが終了というか、

    続けるなら有料に、のような感じになったので(ちゃんと理解できていない)、

    ここで再開させていただくことにしました。

     

    どのみち気まぐれですが、

    ここに書いていこうと思いますので、

    ときどき覗いてやってくださいませ。

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM